1年で結果を出す婚活の心得

業界歴9年目の婚活屋が成婚する為の秘訣、教えます♪

成婚料を踏み倒す人達

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。


数あるブログの中から、梅子のブログに足をお止め頂きありがとうございます。


今日は「成婚料を踏み倒す人達」についてのお話。


実はこのネタ封印しておこうと思っていました(  ゚ ▽ ゚ ;)

 

 

書くことで、良からぬ輩が抜け道を考えてもいけないし。



がしかし、最近、業界人からこの手の話を聞き、久々「ムカッ」と来たのでお話しします(´・ω・`)


結婚相談所の場合、一般的には成婚時に成婚料がかかる。



相談所によって金額は異なり、成婚料0円というところから、ウン十万、ステータスの高い男性なら収入の何パーセントなど、金額は様々。


ウン十万単位になると、ぶっちゃけ安くはない。


そうなるとですね。

 

 

出るんです!

 

 

成婚料を踏み倒そうとするフトドキモノが(´□`。)

 


まぁ、ごく稀にですけど。



どんな感じの手口かというと、なんだかいい感じで交際していたにも関わらず、何故だか急に交際中止の連絡が入る。

 

続けて、中途退会すると言い出す∑(゚Д゚)

 


理由を聞いてもゴニョゴニョ。


最もらしい理由をつけてくる人もいるが、深く聞けば聞くほど腑に落ちないし、なんだか矛盾点がいっぱい。


やはり腑に落ちないので相手側に聞いてみると、同じく退会の申し出あり。
もしくは時期を少しだけずらして退会する。


はい、この瞬間、私たちの中では、「やりよったな・・・」と思う訳です\(*`∧´)/


疑いたくはないけど。



しかし、本人達が認めない以上、グレーをクロにすることはできない。



それでもなかには良心に耐えかねるのだろう。


最終「はい・・・すみません」と認める輩もいるが、そんなのは稀。


ほとんど、逃げるように退会を急ぐ。



とりあえず会社に報告し、あとは偉い人達に委ねるしかない。


これ、婚活屋目線だけで言わせてもらうと、はっきり言って裏切られた感半端ない。

 


人間不信になる。


 


結婚相談所は慈善事業ではない。



婚活屋にとって成婚料は成功報酬。
成婚退会と中途退会とでは、意味も意義も全く異なる。

 

 

何より婚活屋達は会員さんが幸せそうに成婚退会していく姿が見たくて一緒に頑張っているし、婚活屋達のモチベーションにも繋がっている。

 

 

実際梅子も何人かに遭遇した。




ネットでは「本来は成婚退会だけど、別れたことにして中途退会にしてもバレない」なんて書かれていたりもするが、


はっきり言おう。

 

 

バレてます!



思いっきりバレてます⁉



ついでに、万が一バレても「その後また復活しました」って言えばいいという意見もあるが、そこにも様々な矛盾点が発生する。

(手口がばれるとよくないので、詳しくは言わないが) 

 

 

どこまで追っかけるかは相談所次第。

 

ただ、既にこの件では結婚相談所が勝訴した判例がある。

 

 

はい・・・なので、やるんだったらどうぞですが、訴えられないことを願います(・Θ・;)




そんなことより!!!



人生の大事なパートナー探しで、相手が成婚料の支払いを免れようとしたり、そんな話を持ち掛けてくるようであれば、その時点で梅子なら相手の人間性を疑う。

 

 

ドン引きして、その場で破談を言い渡す(`Δ´)

 

 

 

相談所で婚活中の方。

こんなお相手には出会わないよう、くれぐれもお気をつけください。