1年で結果を出す婚活の心得

業界歴9年目の婚活屋が成婚する為の秘訣、教えます♪

結婚相談所に対する誤解

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。

 

数あるブログの中から梅子のブログに足をお止め頂きありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

 

今日は「結婚相談所に対する誤解」というお話。

 

改めて言うことでもないが、相変わらず「誤解しているな」と感じることが多いので記事にしてみた。

 

 

「結婚相談所はモテない人の集まり」

 

 

そう思っている人達は、まぁ何て多いこと。

はっきり言って、自分棚上げで上から目線~

 

 

確かに異性に縁遠かった人は一定数いる。

それは否定しない。

 

しかし、今時は結婚の意思が明確にある人と短期間に出会い結婚へと向かうなら、とても効率的だと考えてやってくる人も多い。

(ハイスペに多い傾向あり)

 

 

結婚相談所で活動をするためには、様々な書類を提出しなければならない。

 

独身証明書に卒業証明、年収証明など、とにかく証明書の類だけでもいくつもある。

 

梅子は婚活屋になるまで独身証明なるものがこの世に存在することすら知らなかった。

(そういうお客さんも多い)

 

 

そんな面倒くさい書類集めをし、プロフィールを作る。

気合の入った写真も撮り、ようやく活動スタート。

 

 

 

その後はひたすら出会いと別れ、選び選ばれを繰り返し、交際相手(彼氏彼女ではない)と3ヶ月を目処に関係を深め、答えを出して行く。

 

 

一般的な交際に慣れていると、「3ヶ月で決められるのか!?」と不安になる人も多いだろう。

 

 

しかし経験上言えることは、成婚退会者の8割はほぼ3ヶ月以内に答えを出している。

 

 

出会っていない時には想像できないかもしれないが、出会ってしまえば本当に早いのだ。

 

とはいえ男女共に受け身で何もせずして3ヶ月以内の成婚は有り得ない。

 

 

気持ちがまだ育たなくとも、どちらかがきっかけを作り、会う機会や話す機会を積極的に設けないと3ヶ月なんてあっという間に過ぎる。

 

 

先に述べた「結婚相談所は効率的だと考える人」は、結婚相談所での出会いはそういうものだと捉え、断られても落ち込みすぎない。

 

 

しかし、誤解を持ったまま入会し、「モテない人の集まり」という気持ちを捨てきれず活動している人はだいたい数ヶ月で相談所をやめていく。

 

 

そういう人達に敢えて一言物申すなら、「そういうあなたも現在モテない人の集まりの中にいますけどね!」

 

 

そして残念ながらそういう気持ちの人は、いわゆるみんなの人気者(ハイスペックな男性、若くて可愛い女性達)に選ばれることはない。

 

 

結婚相談所に対する偏見や誤解をなくすことは、なかなか難しいだろう。

 

 

ただ、婚活屋として言えることは、物事を斜めからだけみて「きっとこうなんだ!」と決めてかかってしまうと、自ら出会いの機会を逃してしまい、とても勿体無いことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
婚活マスターのいる結婚相談所
大阪 PruneBridal(プリュネブライダル)
関西以外の方も対応可能です。
ご相談、お問い合わせはこちらから

ホームページ
婚活・恋活コーチング(単発・非会員様向け)
 

婚活無料相談ご予約はこちら
アメブロ読者の方は入会金無料特典あり♪(6月末まで)