1年で結果を出す婚活の心得

業界歴9年目の婚活屋が成婚する為の秘訣、教えます♪

成婚ストーリーは元気の源!

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。

 
ブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
 
先日、はるばる南の島からお友達がやってきた。
 
 
その時に貰ったこれ!
 
 

なんか名前だけ見ると、大変失礼ながらなんか怖っ!
 
 
食べたらフツー(笑)
うどんのツユのような味でした。
 
 
そういえば昔、石垣島でヤギ汁を知人が食べてるのを見たときは、「うおーっ!ムリです!」ってなりましたがε-(´∀`; )
 
 
 
 さて、今日は梅子のつぶやき。
 婚活に役立つ内容じゃないですm(_ _)m
 
 
 
婚活屋をしていると、時に思いきりやさぐれることがある(笑)
 
 
まぁ、その原因は色々ですが、そんな時は初心にかえるべくついやってしまうことがあります。
 
 
それは・・・
 
 
担当会員さんの成婚ストーリーや、一緒に笑ったり、泣いたり、時には怒ったりした会員さんの成婚退会日のあれやこれやを思い出すこと。
 
そしてお客さんから掛けられた言葉を思い出すこと!
 
 
ついでに当時の気持ちがそのまま書いてある記録を読み返すこと。
 
 
密かに愚痴ってんのかと思いきや、なかなか前向きなことしか書いてなかったことに
自分でもびっくりΣ(・□・;)
 
 
さて、婚活屋の仕事をしていると、
周囲からは素敵な仕事ですね」と言う人、「大変なお仕事ですね」と言う人がいる。
 
 
これはどちらも正しい。
 
人を結婚に導くからと言って、キラキラした仕事では全くない!
 
断じて言える!(`・ω・´)
 
 
そして、時には「そこまでして何で婚活屋をするのか」と言われることもある(^_^;)
 
 
そんな時は「だってこれが私の天職だし♫」と言っている自分がいる。
 
 
しかし、そう思えるまではもちろん時間もかかったし、婚活屋として険しい道のりも
通ってきた。
 
 
婚活屋人生7年目。
やさぐれることはあっても、今まで一度も婚活屋を辞めたいと心が折れなかったのは、そういうことなんだと思う。
 
 
そしてやさぐれ心はいつの間にか、「私って天職見つかってるからラッキーやん!」と無駄に前向きな気持ちが湧いてきて、また頑張ろうと思える訳です。