1年で結果を出す婚活の心得

業界歴9年目の婚活屋が成婚する為の秘訣、教えます♪

医師との結婚について考えてみる

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。

 
ブログをご覧いただきありがとうございます。
 
 
今日は「医師との結婚について考えてみる」というお話。
 
 
たまたま見つけた、こんな興味深い記事発見!
 
 
 
 
確かに、確かにと、読みつつある意味納得!
 
 
身バレしないよう詳しくは言えないけど、梅子の周り半径○メートル調べでも、確かに医師、歯科医師系の家庭は代々医師、裕福な家柄などお育ちが良い方が多い。
(あくまでも梅子調べ)
 
 
もちろん至って普通のサラリーマン家庭からも医師になった人はいるが、圧倒的に前者の方が多い。
 
 
まぁ、医師になるにもそれなりにお金がかかるからなのだろう。
 
 
そして、もれなく早い段階から小学や中学受験して私立の学校に通っているというのもお決まりだったりする。
 
 
ちなみに梅子も中学受験組。
梅子は至って普通のサラリーマン家庭出身だが、同級生には親が医者、経営者という人が普通にいた
 
「はぁ、いるところにはいるんだねぇ」と子供ながらに思ったものです。
 
 
 
さて、記事と梅子調べと異なるところが1つある。
 
 
記事には医師が結婚相手に選んだ相手の職業は人のお世話をする仕事」という共通点がある、とあるが、梅子調べでは、医師、または歯科医師、もしくは、ハイスペなお仕事をしている人が圧倒的多数。
 
 
さもなくば、立派な親をお持ちのお嬢様育ちといったところか。
 
 
まぁそういう人は放っておいても、好条件な相手とのお見合い話があちこちからやってくる。
 
 
さて、結婚相談所に限って言えば、医師や、いわゆるエグゼクティブ系専門を売りにしているところもある。
 
 
言わずとも、エグゼクティブ系の男性は超売り手市場。
自分の肩書きを武器に、相手を選び放題な訳だ。
 
 
ぶっちゃけ中身的にどうなん!?と思う人でもそんなんだから、ここだけの話、正直調子に乗ってるなぁと思う人もいる(`・ω・´)
 
 
なかなかのハードルを乗り越え、彼らに選ばれた先にも、今度はお相手の身内やら、職場の人やら彼らを取り巻く生活環境にも柔軟に対応していかないといけない。
 
 
元々自らもそういう世界に身を置いているハイスペ女性や、良家の子女達は結婚後もさほど生活環境にあまり抵抗がないかもだが、「裕福な生活がしたい」と思って結婚したなら、「こんなはずでは」と思うかもしれない。
 
 
そういえば、以前玉の輿婚をした人何名かにインタビューしている番組で、玉の輿婚の共通点をこう挙げていた。
 
 
妻はお手伝いさん。
 
 
夫には口出ししない。
 
 
仕事のことなど聞かない。
 
 
 
なるほど、お手伝いさんか。
 
 
夫が外で働きやすいようサポートし、多忙ななか家に帰って来た時は、いかにリラックスしてもらうか。
もちろん、家のことは一切させない。
 
 
うん。なかなかできることではない。
 
 
いくら稼いでいる人とはいえ、相手に多少なりとも求めそうになるところを何も言わない、求めないとは!
 
家庭サービスを求めるなんて以ての外なんだろうね。
 
 
良くできた妻って感じ(o^^o)
内助の功ってやつ⁉️
 
 
医師の記事と同じく、玉の輿婚でうまくやっている人も、献身的に人のお世話ができる人でないと務まらないのだろう。
 
 
つまりどちらも多忙な夫には期待しない。  
 
 
家庭のこと、子育て、親戚、職場関係のお付き合いなど、全て自分がやることだと割り切れる器を持っておけ、ということなのだろう。
 
 
医師やエグゼクティブ系と結婚したいなら、学生時代など若いうちからさっさと出会い、つかまえておくのが一番賢い方法なんでしょうね。
 
 
って、まぁ、それを言っちゃあ元も子もないか(*゚∀゚*)
 
 
エグゼクティブ系との結婚は、出会う前も結婚後も何かと努力が必要なようです