1年で結果を出す婚活の心得

業界歴9年目の婚活屋が成婚する為の秘訣、教えます♪

結局こういう女性が選ばれる

こんばんは。辛口婚活マスターの梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出すための婚活の心得

 

個人的なことですが、15日で婚活屋9年目を迎えました。

 

f:id:prunebridal:20200822222103j:image

 

はやっ!

 

人の数ほど学びがある婚活屋業。

まだまだ奥は深いっ!

 

9年目なんて大御所からしたら梅子は「何仰っているんだか」なレベルだろう。

 

とりあえず、10年目を目指し地味に頑張っていきます。

 

 

さて今日は「結局こういう女性が選ばれる」というお話。

 

基本的に男性からお見合いや交際相手の女性に対する不満をあまり聞かない。

(みみっちいと感じるのかプライドからなのか)

ごくたまに聞くとするならば、「写真詐欺だ!」というクレーム。

(そういうことを言ってくる人もまぁそれなりだけど)

 

しかし、女性からはお見合いや交際相手の不満は割と聞く。

(女性は聞いてほしい生き物だからね)

 

服装がダサい、お店の予約をしていない、割り勘にされた、リードしてくれない、などなど。

挙げ句は変な人しかいないとかなんとか。

 

だがしかし!!

相手のことを悪くいったりしない人もいる。

 

そもそも、お見合いは当然だが、単なる仮交際中の段階は彼氏彼女でもない。

 

お互い結婚願望が高いもの同士ではあるものの、出会ってまもない頃なんて、ぶっちゃけ単なる知人レベル。

 

そこから何度か会っていくなかで、

「こんな素敵な部分があったんだ」とか「出会って間もないのに、話してて何だか落ち着くなぁ」とか好きなものや苦手なものが一緒!と共通点の多さに親近感を持ったりと、そういったことが積み重なり、気になる存在から特別な人になっていく。

 

もちろん、この間に「ないわー!」という結論になることもある。

 

しかしそれはお互い様。

 

 

前記の不満同様、男性は余程仲が良いとかお喋りでもない限り、自分の気持ちや思ったことをあまりベラベラ口にしない。

 

 

しかし、それは言わないだけで、何も考えてないという事ではない。

 

相手のことはちゃんと見ている。

 

いや、かなりみている。

 

 

例えば、こんな男性がいた。

 

スペックがまぁまぁ高め。

それ故、お見合いはあっさり決まる。

(フィーリング重視なので、紹介段階で一旦自身が断ったとしても、相手がお見合い希望なら会おうとするスタンス)

 

そして喋りも上手い。相談所に来るまでにも普通に交際経験もあるから、女性の扱いにも慣れている。

それ故、交際も割とサクサク決まる。

 

フィーリング以外の相手への条件は、アウトドアなことが苦手でなければいいかな。

 

もちろん男性なので、ぶっちゃけ女性の外見もそりやぁ気になる。

 

当初、交際相手は側から見てもまぁ美人(キツめの顔が好み)だよねという人が多く、彼と真剣交際したがっている女性もなかにはいた。

 

しかし、どうしてだか決めない!

 

 

まだ決めない!

 

 

なぜ!?

 

 

男だから相手が美人ならそりゃあいいなとは思う。

けれど、美人はチヤホヤされることに慣れててるから、何だか一緒にいると疲れる。

 

顔だけでは結婚はできない。

 

アウトドアもそう。

 

自分がアウトドア派だから、一緒に楽しめる人がいいかなと最初は思ったが、別に毎回一緒に楽しむ必要もない。

 

相手がしなくとも、自分がすることを許してくれたらいいかな。

 

と、それなりにいいなと思う人と交際していくなかで、本当に求めるものは何かに気付いた。

 

 

結局選んだ相手は、綺麗系だが大人しそうな優しい雰囲気が全体から漂う人。

バリバリアウトドア派ではなく、どちらかというとインドア派。

 

 

結局何が決め手だったのかというと、

 

毎回ご馳走してもらっているお礼にと、商談で使えるちょっとお高めのペンを彼にプレゼント。

 

そしてある日のデートはとても寒かった。

待ち合わせ場所に着いた彼女はサッとあるものを彼に渡した。

 

それはあったかいブラックの缶コーヒー。

寒かったから、これカイロ代わりにと彼の手に。

彼がチラッと話の中で仕事中によく飲むと言ってたコーヒーの種類も覚えていたようだ。

 

今まで交際してきた女性達は何でもしてもらって当たり前だったから、このちょっとした出来事が彼にはとても嬉しかったそうだ。

 

 

あと、彼女は人のことを悪く言わない。

これも決め手だったそうだ。

(不満ばかり口にする人と一緒にいるとほんと疲れるもんねぇ。)

 

 

成婚者には決め手を必ず聞くが、10人いたら10通りある。

 

他の成婚者達も、人からみれば案外そんな事!?と思うような、誰でもできそうだけど出来ていないことが決め手だったりする。

 

結局最後に選ばれる人はこういう人達なのだ。

(思いっきり計算だったら恐ろしいけど)

 

 

参考記事

結局のところ、婚活で選ばれし相手は似た者同士 - 1年で結果を出すための婚活の心得

 

気は遣うものではなく、利かせるもの - 1年で結果を出すための婚活の心得