1年で結果を出す婚活の心得

なにわの婚活屋が教える成婚する為の秘訣

隠された破断理由

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

ここ数日で随分と寒くなりましたね。

寒くなると食べたくなるのが鍋!

 

カニすきもいいし、寄せ鍋もいいし、

ちゃんこもいいかも。

 

f:id:prunebridal:20191107205011j:image

 

シンプルに湯豆腐もいい。

 

さて、今年は一体何回鍋が食べられることやら〜。

 

 

さて、今日は「隠された破断理由」のお話。

 

昔いた相談所は成婚退会をすれば、「はい!さよーなら」ではなく、無料サポートが一定期間設けられていた。

 

大抵の人は成婚退会後に来る連絡といえば、「式の日程が決まった」、「結婚しました」な幸せなお知らせ。

 

が、なかにはそれはそれはよろしくない相談をしてくる人達がいた。

 

それは「破断連絡」ないし、「破断しそうな連絡」

 

どうにか回避したいから相談してくる訳だが、既に破断したということで、事後連絡だったりすることもある。

 

ちなみに女性が破断を考えている場合、ほとんど修復不可なケースが多い。

 

相談してくる時点で自分の中では既に答えが決まっているのだろう。

けれど、少なからず迷いもあり「破断していいよ」という誰かの後押しが欲しいのかもしれない。

 

この破断理由だが、三者からみると「そんなこと!?」という理由も割と多い。

 

本人にとっては真剣な理由なのだから、そんなことと言ってしまうのは憚られるものの、そんな理由で破断していては誰が相手でも上手くいかないのでは、と正直頭を抱えることもある。

 

 

そんななか、成婚退会後暫くして珍しく男性から破断を言い渡されたと憤慨して連絡してきた女性がいた。

てっきり良い報告と思っていたからびっくり。

 

破断理由については、離婚と同じく片方からの意見だけを聞き鵜呑みにするのもよろしくない。

 

可能な限りでだが相手側からも聴取するが、聴取できる事の方がレアだ。

 

しかし、憤慨して連絡してきた女性の場合、彼女との面談前までに相手の男性から事情を聴くことができたのだが・・・

 

 

その理由は・・・

 

 

カラダの相性。

 

 

「・・・」

 

それかぁ。

 

いやぁ、なかなか本人に言えない理由だなぁ。

 

かくいう男性も女性には流石に本当の理由は言えず、別の理由を伝えていた。

だから当初は担当にも嘘の破断理由を話していた。

 

 

が、なんだかおかしい!

 

 

担当の勘ってやつがそういっている。

 

 

ということで、どうにも解せず詰め寄ったところ、ようやく重い口を開いた末の答えがこれ。

 

カラダの相性は努力すればという人もいたりもするが、夫婦になるうえでは大事な問題の1つだろう。

どちらかが我慢して努力したところで結局いつかは破綻する可能性が高い。

 

 

そういえば「好きなのにどうにも彼女を抱けない」という理由で、結局元カノとは別れたという男性を担当したことがある。

 

他にもここじゃ赤裸々過ぎて言えない告白をしてきた人もいたなぁ。

 

と、まぁ、この手の問題は繊細な問題でもあるから、何とも言い難いし仕方ない。

 

 

しかし、これは困った〜。

 

 

男性からも本当の理由は言わないって事で喋ってくれた手前、彼女に真実は言えない。

まぁ、言っても良いと言われたところで、伝えにくい問題ではあるが。

 

 

おまけに男性が伝えた嘘の理由が、これまた女性からすれば、「はぁ!?」な内容。

 

女性との面談中約1時間半、こんな人を紹介してどういうつもりだ、別れた理由が納得できない、とか散々文句を言われてもひたすら聞くしかなかった。

 

 

そんな彼女に梅子が言えるのは、成婚退会の時は確かに二人の未来を真剣に考えた。

(その気がなければ、他から見たら安めの成婚料とはいえわざわざ払って退会しない)

 

しかし、その気持ちが彼女のことをより知るうちに(時間経過と共に)なくなってしまった。

 

冷たいようだが、男女間には往々にしてそういうことはある。それだけのことなのだ。

 

 

とはいえ、女性は相談所で成婚退会した相手とまさかカラダの相性が理由で破断されるとは微塵も考えてなかっただろう。

 

別れてしまった今、怒りのぶつけ先がどこにもなく梅子に不平不満を言ってきたように思う。

 

 

一旦未来を考えた相手と別れるということは、言い出す方も相当な覚悟が必要だろう。

 

言い出す方からすれば、綺麗あっさり別れたいだろうが、綺麗に別れようとするあまり余計に相手を傷つけることだってある。

その事を自覚しておいてほしい。

 

また、言われた方も納得できないなら、相手との衝突を避けるのではなく、泥臭くとも話し合ったり、本人に気持ちをぶつけるなりなんなりすればいい。

物分かりのいい子ちゃんであっさり引き下がると後々まで引きずることだってある。

 

それより何より直接会わずして、メールやラインで将来を考えた相手と別れるのは、何だかなぁと思わずにはいられない。

 

 

 

 

後日談「気は遣うものではなく、利かせるもの」

おはようございます、辛口婚活マスターの梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

おはようの時間にブログのアップ、きっと初めての気がします。

特に何の意味もありません。なーんとなくの朝更新です。

 

 

さて、ブログを始めてはや2年半。

 

たまにはサボったり、マジメに更新したりで書き続けた記事もまもなく300近く。

(記事と呼ばないインスタ連動分もあるけど)

 

真剣に結果をを出したい人に読んで欲しくてブログを始めた訳ですが・・・

 

始めた頃は、婚活無縁者達からは「いいね!」と言われても、本当に読んで欲しい層からの反応は無し。

 

だもんで、書く意味あるのか!?」なんて時にはやさぐれることもありました。

 

が、そんなことが頭をよぎった時は、

 

「♬ああ〜、日本のどこかに〜梅子を待ってる人がいる〜」

 

 

とポジティブに脳内で歌い、ブログを読んだという会員さんからの感想に励まされ、何とか続けてきました。

 

 

そんなこんなで、今回私と恐らく面識がないであろう、とある読者(仮にAさんとする)さんから、何とも嬉しいお知らせが届きました。

 

 

相談所に入会後、数ヶ月。

活動がなかなかうまくいかないと感じていた時に、このブログに辿り着いたAさん。

 

ブログの全ページを読み込み、実践した結果、Aさんにとって最高のお相手に出会い、無事結婚されたそう。

 

そんな彼女が座右の銘にしていたのが、

 

「気を遣わず、気を利かせる」

 

気は遣うものではなく、利かせるもの - 1年で結果を出す婚活の心得

 

 

そーなんだよねぇ。

気を遣わず、気を利かせる、ほんとこれ大事。

 

こんな梅子のブログの言葉を座右の銘にしていただき、ありがたや〜。

 

 

婚活中はたった一人の相手に出会うまで、うまくいかないなと感じる時間の方が多く、そして長く感じるかもしれません。

 

婚活は相手の気持ちがあっての活動。

自分なりに一生懸命頑張っても、先が見えず、苦しいなと感じることもたくさんあるでしょう。

 

けれど、Aさんのように他人の意見を素直に受け入れられる人、そして何よりアドバイスを実践できる人は、時間がかかったとしても成婚できる人。

 

もちろんAさんのお人柄が素敵、かつ、頑張りが一番なのは大前提。

 

 

梅子のブログがそんな頑張る人の一助になれたこと、嬉しく思います(*´∀`)♪

 

 

Aさん、本当に良かったですね。

おめでとうございます!

 

 

f:id:prunebridal:20191102084324j:image

 

 

 

そういえば、会社を辞めた理由の一つ、そしてブログを始めたきっかけの一つが、会員、非会員なく婚活を頑張る人を私なりの方法で応援したいということでした。

 

周りには今まで婚活屋として培ってきたノウハウをブログで開放するのは勿体無い!

対価を貰ってやるべきだなんていう人もいましたが、まぁ、ブログはわたしが好き勝手に書いているのでそんなことはどうでもいいかなと。

(1対1で相談したい人からは、きちんと対価を頂いているし)

 

 

Aさんからの結婚報告は、「梅子がやってきたことは無駄じゃなかったんだ」と思わせてくれたそんなメールでした。

 

 

引き続き、このブログが婚活迷子ちゃん達のお役にたてれば嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ここまで待ったんだから」という人達

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

ようやく秋!

 

基本的に甘いものは苦手。

けど、秋になると無性にモンブランが食べたくなる!

 

こーんなやつとか、
f:id:prunebridal:20191018084201j:image

 

まぁ、モンブランなら何でもいい。

 

と、油断してたら、食べそびれ、秋終了することも結構しばしば。

今年はそうならないようにしたいです。

 

 

さて、今日は「ここまで待ったんだからという人達」のお話。

 

 

公私共に婚活のお悩み相談を受けていると、耳にするこのワード。

 

 

「ここまで待ったんだから」

 

そして、その後に続くのは

 

「妥協したくない」

 

という思い。

 

 

気持ちはわからんでもない。

 

が、待つと決めたのはそもそも自分自身では!?

 

まぁ、結婚するチャンスがあったのに、何からの事情で見送ったのならまだ良い。

 

そもそも待つ程、誰かに何度もプロポーズされてきたのか、謎!!

 

次に良い球が来ると思って待つのは自由だ。

 

しかし、待てば待つ程、条件の良い相手と出会うことは婚活界では難しい。

 

大体「ここまで待ったんだから」と言う人達は、本人達からすれば相手への条件を広げたつもりなんだろうけど、若い頃とさほど変わっていないΣ(゚д゚lll)

 

それどころか、どんどん理想は高くなり、相手に求めるものばかりが増える。

 

相手に合わせるとか歩み寄るというスタンスは毛頭ない。

 

今までも厳しかったジャッジがこれ以上厳しくなってどうする。

 

はっきり言って難しいこと、この上ない。

(しかしそれでも頑張るという人は梅子も全力で応援する)

 

そういえば、こないだ外国人で弾丸富士山登山を目指す迷惑な人達が最近増えているというテレビを見た。

 

富士登山は基本山小屋に一泊し、山頂を目指すようだ。

 

しかし、弾丸外国人達は日帰りで挑むうえに、半袖かつ、ものすごく軽装。

 

はっきり言わなくても、軽装という時点でかなり浮いている。

 

防寒具と言えば、コンビニで売ってる使い捨てのカッパ。

もちろん山小屋宿泊なんて考えにない。

 

結果、寒さに耐えられず、途中で疲れ、山小屋宿泊を願い出るも断られていた。

そらそーでしょうね。予約優先だろうし。

 

と、話が逸れたが、ここまで待ったんだからな人達はまさに軽装で山頂を目指す弾丸外国人にどこか似ている。

 

でも、この弾丸外国人の中には一瞬倒れるんじゃないかと思ったけど、登り切った上半身裸のクレイジーな外国人がいた。

 

だから、上半身裸で登れるくらいの気概を持ち合わせていたら、これくらい待ったんだからな人達でも結婚できなくはない。

 

そして、ここまで待ったから妥協できないという言葉の裏には、周りへの目がある。

 

詳しくは過去記事にも書いているが、拗らせている婚活女子には本当に多い。

見栄やプライドを捨ててみる - 1年で結果を出す婚活の心得

 

 

何でそんな人の目を気にするかなぁ。

 

一体全体誰のための結婚なんだか。

 

そして何より、一体あなたはそれだけ待った分、相手に何を与えられるのか。

 

 

最後に、再度言う。

 

待つのは勝手。待ったのは自分自身。

 

人生は自己責任。

 

そのことを充分お忘れなく!

 

 

 

 

 

結婚に適齢期はあるのか

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

梅子はどうやら敏感肌。

皮膚科に行くまでずっと自分は普通肌、なんなら非常に強い肌だと思ってました。

おまけに皮膚がものすごく薄いらしい。

 

だもんで、季節の変わり目は随分と敏感になります。

あー、早く季節よ、落ち着いてくれ〜。

 

f:id:prunebridal:20191010184603j:image

 

 

さて、今日は「結婚に適齢期はあるのか」というお話。

 

世間的には結婚(婚活)の適齢期は存在するだろう。

 

ちなみに厚生労働省のデータによると平均初婚年齢は夫は30.7才、妻は29才。

結果の概要|厚生労働省

 

女性はクリスマスケーキなんて言われてた時代からすれば、随分と晩婚である。

(今はそんな発言してたらセクハラだ、パワハラだと色々言われて大変だけど)

 

と、これはあくまでも平均値。

 

梅子的には世間的にではなく、「自分が本気で結婚したいと思った時が適齢期」だと思う。

 

人によって多少誤差はあるが、周囲の結婚ラッシュは20代半ば、後半、30代前半と何度か訪れる。

 

しかし、周囲の影響を受けても本気で結婚したくなければ、その人にとってはまだ適齢期ではないとも言える。

 

例えば、彼女から結婚の圧をかけられても結婚に踏み切らない、結婚する気はないという男性も、その人にとっては今は(結婚したい相手がその彼女ではないということを含め)適齢期ではないのだろう。

 

そもそも本気で結婚したいと思っていない人が婚活をしたところで、良い相手を見つけるのは難しい。

 

 

世間的にも30前には結婚しておいた方がいいかなと思って焦って結婚した結果、失敗した人だっている。

(そこまで結婚願望が強くないけど、周りが結婚とするから何となくで活動するから自分がどんな人を求めているかブレにブレまくり、結果、婚活迷子になっていた人を何人も見てきた( ゚д゚))

 

逆にアラフォー、特に40代以上でも本当に結婚したいと思って婚活した結果、結婚し、うまくいっている人もいる。

 

だからといって、のんびりしてて良いということではない。

 

結婚願望が強い人、特に子供を持ちたいと思うなら、男女共に相手がいなければ若い時からさっさと婚活した方がいい。

結婚願望がまだない人は、世間に流されて無理して婚活する必要はない。

 

一番大事なことは、自分の気持ちよりも世間体に惑わされないことだと梅子は思います。

 

 

 

 

 

 

結婚相談所のしょーもない先生問題について

こんばんは、辛口婚活マスターの梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

ブログをスタートし、初めてブログを少しお休みしてましたが、今日からまた復活します!

ということで引き続きよろしくお願いしまーす。

 

さて今日は「結婚相談所のしょーもない先生問題について」のお話。

 

しょーもないとか言うと同業者から反感買いそうですがやります(`・ω・´)

 

梅子は「婚活屋」を名乗っているが、結婚相談業を生業とする者の呼び名はいくつもある。

 

王道は、仲人。

 

横文字的な呼び名の代表は、

婚活カウンセラー

婚活アドバイザー

婚活コンシェルジュ

 

など、他にもいくつもの呼び名があるが、実に様々。

(ちなみに、かつての梅子の肩書きも上に挙げた中のどれかです。)

 

 

 

さて、業界歴も何だかんだで8年目を迎えたが、相変わらずこの業界の馴染めないおかしな慣習?がある。

 

それは、仲人のことを「先生」と呼ぶことだ。

 

会社に属していた頃は、相手の担当を「先生」と呼ぶ慣習などなし。

(逆にそう言うおかしな慣習はやらない!という相談所だった。)

他連盟(←仲人同士先生と呼び合う)や、他会社の担当さんと連絡を取る時も「先生」なんて呼ばなくて良かった。

 

 がっ!!

今は梅子も普通に「先生」「先生」と呼び合うところにいる訳だが・・・

 

 

とにかく落ち着かない!!

 

 

なんなら気持ち悪い!!

 

 

私、別に先生でもなんでもないけどな・・・

 

 

と内心思いつつも、面倒なので相手の担当さんのことは「先生」と呼ぶが、一体全体誰が言い出したん、これ。。。

 

 

まぁ大御所的な仲人さんを「先生」と呼ぶのはわからなくはない。

どの業界でも大御所をそう呼ぶことはあるだろうし。

 

なかには「先生」と呼んでもいいと思えるような、キャリアも人間的にも素晴らしい人はいる。

そういう人は喜んで先生と呼ばせていただく。

 

ちなみに、仲人は特別な資格が必要という訳ではない。

ぶっちゃけ仲人なんて昨日までただの人でも開業していたりする。

そんな人を「先生」と呼ぶのは違和感しかない。

 

 

多分梅子は、先生と呼ばれて何だか自分が偉いと勘違いして踏ん反り返ってる人がきっと嫌なんだろうな。

(言っておくが、仲のいい婚活屋さん達にはそんな人はいない。)

 

と、そんなことより、梅子が一番違和感を感じるのは、会員が仲人のことを「先生」と呼んでいることだ。

(梅子は会員さんに呼ばれたことはないが、他の相談所では呼んでいる人がいた)

 

 

そう言えば、かつて入会希望者と面談した時、梅子のことをいきなり「先生」呼ばわりしてきた人が数名いた。

 

 

なんだこの、こ慣れた感!

 

 

残念ながら「先生」と言われた瞬間、梅子の中では「入会はご遠慮ください」状態だ。

 

なぜって初対面で先生呼ばわりしてくる入会希望者は、他社を渡り歩いている相談所ジプシーに多い。

おまけに1社での活動歴がとやたらと短い。

 

「2ヶ月活動したけど、結果が出ない。だから先生のところで活動したい」

 

は!?

 

2ヶ月!?

 

自分は2カ月で結果が出せる人だと思ってたん!?

 

で、2カ月何したん?と聞けば、やるべきことはやらず、大したことを全くもってやってない。

 

全力出し切っての2ヶ月なら、まだわからなくもないけど、そんなんで結果出ると思ってることが凄いわ。

 

婚活そんなに甘くないよね。

 

 

もちろん、なかには2ヶ月で結果出す人もいるが、そういう人は努力もするしポテンシャルが違いすぎる。

 

 

短期、いや、短気だから婚活がうまくいかないんですけど。

 

 

そんな人にはそう簡単に結果は出ない事を伝え、もうちょっと今の相談所で頑張った方が良いのではと伝えます。

 

 

と、色々言ったが、相談所の担当者名がわからない時、忘れた時は「先生!」と呼んでおけば何とかなる。

(社長の苗字は知らんけど、「シャチョー」と呼んでおけばとりあえずオッケーみたいなものか!?)

 

だから、しょーもないと言いつつ、時には便利だったりもする(^-^;

 

 

 

 

 

エナジーチャージします

こんばんは。辛口婚活マスターの梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

 

まったくもって個人的なことですが、9月入ってすぐとても悲しいことがありました(>_<)

 

まだ気持ちの整理がつかない為、タイトル通り、暫しがっつりエナジーチャージします。

 

すぐにチャージできるのか、それとも時間がかかるのか自分でもさっぱりわかりません。

 

ということでブログ更新が暫くされなくとも、単なるお休みですのでご心配なく!

(と言ってソッコー更新してるかも笑)

 

 

高度1万メートルくらいからの景色。

f:id:prunebridal:20190906190801j:image

 

 

お見合いが成立しない相手は自分が狙える相手ではないということ

こんばんは、辛口婚活マスター梅子です。

 

ご訪問ありがとうございます。

はじめましてのページ - 1年で結果を出す婚活の心得

 

 

朝晩も随分過ごしやすくなってきましたね。

 

こぞって鳴いていた蝉の鳴き声もふと気づけば全くしない。

 

わー、夏が終わる〜!!

 

ところで、婚活中の方達はどんな夏を過ごしましたか!?

 

クリスマス、年末年始とパートナーの存在を意識するイベントはこれから盛りだくさん。

 

受験と同じく、夏を制するものは婚活を制す!

 

ちゃんと(ここが重要!)動いた人には、自ずと結果はついてくると思いますので、今は辛くとも踏ん張って(^-^)/

 

 

 

さて、今日は「お見合いが成立しない相手は、自分が狙える相手ではない」というお話。

 

婚活が上手くいかない人は、自分の立ち位置が高く設定されている。

 

だから、自分がいいなと思った相手とお見合いが成立しないと、とかく不満を漏らす。

 

 

以前勤めていた結婚相談所は、担当からの紹介制がメイン。

 

紹介された会員はそれぞれにYES/NOをする権利があり、双方YESでお見合い成立。

 

成婚は出会って交際した先にあるわけなので、条件や価値観、性格などを鑑み、総合的に合うと思われる相手、かつ、双方YESとなる紹介をしたいと思う訳だが・・・

 

 

イケメンがいいだの、学歴がどうだの、有名な会社に勤めてないと嫌だの、上手くいかない人はとにかく相手に完璧を求める。

 

幸い、梅子の会員は入会時に教育していたせいか、もしくは梅子のことが怖かったのか、手の届かないような相手を紹介してくれと言われたことはなかったが、それでも稀にいた。

 

美人(イケメン)だけを紹介して!

(美人(イケメン)は思いっきり個人の主観なんですけどね。ちなみに梅子調べでは美人、イケメンだけを紹介しろと言ってきた会員は恋愛経験なし、あっても乏しい人だった。まぁ、紹介はできますが、相手にも選ぶ権利がありますけどね。

 

 

 

共働きOKな人だけ紹介して!

(今OKだからと言ってこの先ずっとOKとは限らない。その逆も然り。出会った後に双方話し合っていける問題だと思いますけど・・・)

 

 

同じく医療関係者のみ紹介してほしい

(最初から共通の話題があるからだそうな。でも女医は嫌なんだってさ。女医は自分より立ち位置が上だから男のプライドが許さない様子。ちっさいプライドだなんて口が裂けても言えない。そんなことより共通の話題がなくても話ができるスキルを磨け!)

 

 

などなど。

 

 

もちろん、極力希望は考慮しつつ、紹介はする。

 

 

が、残念ながら、紹介してもお見合いが成立することは、

 

 

ほぼ皆無!!

 

 

 

自分の立ち位置を高く設定している人からすれば、認めたくはないかもしれないが、「お見合いが成立した相手は、今の自分とバランスが取れた相手」である。

逆に、「お見合いが成立しない相手は、今の自分では狙える相手ではない」ということなのだ。

 

本能的に人は優れた遺伝子を残そうとする。

だから、より優れた相手と結婚したいという気持ちはわからなくはない。

 

しかし、上手くいかない人達は「自分よりレベルの高い人を狙っている」か、「自分の価値(魅力)を高く見積もりすぎている」

 

別にこれは結婚相談所での活動に限ったことではない。

アプリでもパーティでも然り。

 

 

そのことにいち早く気づけた人は、成婚を手繰り寄せることができる人とも言える。